仕事帰りに電車の窓に映った自分の顔を見て、愕然とされた経験をお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。
目の上の影、口元のたるみ、ほうれい線…。
電車に乗り合わせている、自分と同世代の女の子と比べても、自分の方が疲れた印象に見えているのではないかと不安な思いをされた方も多いでしょう。

そんな悔しい思いをされた経験のある方は多いかもしれませんね。


老け顔の悩みは、年齢を重ねた女性だけの悩みではなく、20代前半の方でも実年齢よりも老けて見える顔の印象に悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
それでは、老け顔に見えてしまう方と、そうでない方の違いと言うのはいったいどういったポイントなのでしょうか?
老け顔に見えてしまう、マイナスポイントを整理してみましょう。


「実年齢よりも老け顔に見えてしまうポイントとは??」

年齢とともに避けて通ることが難しい、肌の小じわやほうれい線と言った老け顔になってしまうポイント。
こうした肌の悩みは、肌のたるみが原因になってしまっているケースが多いのですが、実はそれが若い人が実年齢よりも老けて見える理由の一つにもなっています。

肌のたるみの原因は、笑ったり怒ったりと言う表情を作る顔の筋肉「表情筋」が衰えてしまうことで引き起こされてしまうお肌の悩み。

年齢を重ねてしまうと、やはり筋力と言うのは低下してしまいます。
もちろん、顔の筋肉である表情筋もその例外ではなく、歳をとってしまうと表情筋が衰え、重力に負けて顔がたるんでしまうのですね。


これが、なぜ20代でも実年齢よりも老けてしまう原因に結び付くのか?と言う点ですが、現代人は意識しないと表情筋が衰え易い傾向にあります。

その大きな理由が、食生活の変化です。
現代では柔らかく食べやすい食べ物が増え、食事をする際に「噛む」回数が減ってしまっているのです。
つまり、顔の筋肉を使う機会が減り、表情筋が衰えてしまう為に顔がたるんでしまい、まるで40代50代のような顔の印象になってしまうのですね。


また、老け顔に見えてしまうもう一つの大きな理由が「肌の乾燥」です。
化粧品や乳液などで気を使って保湿をしているつもりでも、ストレスや寝不足、そして食生活などの乱れで肌は乾燥してしまいます。
肌が乾燥してしまっていると、やはり肌のハリ・ツヤも無くなり、小じわも目立ってしまう為に実年齢よりも老けた印象に見えてしまう、と言うことはあるでしょう。


「これだけはやったらダメ!な老け顔メイク」

自分が、実年齢よりも老けて見えてしまう、と自覚している人は何とかメイクで老け顔を改善しようと努力をされているかも知れません。
確かにメイクは、見た目の印象を大きく変えてくれる魔法のようなもので、女子の強い武器のひとつとも言えるでしょう。
しかし、老け顔の印象を隠す為のメイクのはずが、ますます老けた印象に見えてしまう、なんて失敗メイクもあります。

ここでは、やってしまいがちな失敗メイクをご紹介しますので、自分の普段のメイク方法が「老け顔メイク」になっていないか、確認してみてください。



老け顔を改善しなくちゃ!と下地からゴッテリファンデーションを塗ってしまい、疲れた印象の目元や口元に濃い色を乗せてしまう。
出来あがった顔は、確かに小じわは隠せているかも知れませんが、それが良いのも午後までのこと。

乾燥肌で、ちりめんじわのできてしまった顔に厚塗りの化粧と言う組み合わせは最悪です。
しわの隙間に入り込んだファンデーションが、時間が立つにつれてくっきりと目立ってしまい、かえって小じわを目立たせてしまう、なんてことも。



目元を華やかに見せたくて、キラキラしたラメのアイメイクをしてしまうのは、老け顔に見えてしまう人にとってまさに地雷です。
ラメ系のアイメイクは乾燥した目元の小じわに入り込みやすく、ますます目元の小じわを目立たせてしまうのです。

キラキラ乙女系のアイメイクをすれば若く見える、なんて簡単にはいかないものなのですね。



最近の眉毛デザインで流行は、一時の細眉とは真逆の「太眉メイク」女優の橋本愛さんのような愛らしい眉メイクを目指しておられる方もいるかも知れません。
しかし、くっきりとしすぎた眉毛は老けて見える印象になってしまうこともあります。

トレンドは取り入れていきたいところではありますが、そのメイクが自分に合っているかどうかは良く吟味して取捨選択する必要はあるでしょう。


「これでもう老け顔とは言わせない!老け顔改善メイク術」

一歩間違ってしまうとますます老け顔を強調してしまうメイクですが、ポイントを押さえてメイクをすれば老け顔印象を改善することは充分に出来ます。
もう老け顔と言わせない、自分に自信を取り戻す為の老け顔改善メイク術をご紹介していきましょう。


仕事をしている女性や、家事育児に追われている女性など、忙しい毎日を過ごしておられる女性の方は、朝メイクをして夜落とすまでそのまま、なんて方もいるかも知れません。
でも、老け顔改善の為には、ほんの少しでも時間を取って、メイク直しの時間は作るようにしましょう。

薄塗りのファンデーションでも、乾燥肌の小じわには時間がたつにつれて入りこんでしまうもの。
また、メイクが崩れてしまうと、疲れた印象になってしまい、ますます老けた印象になってしまうことも。

ひと手間かけてあげるだけで、印象と言うのは変わってくるものですよ!


「老けて見える印象を、根本から解消する為には!」

ポイントを押さえてメイクをすれば、老け顔の印象を改善することは可能です。

とは言え、やはりメイクと言うのは一過性のものです。
応急処置的に、老け顔の印象を隠すことは出来ても、やはり老け顔の印象の改善の為には根本から改善していく必要があります。
それに、老けて見えるかも知れないから…、と自分がしたいメイクが出来ないのは、やはり女子として悔しいですよね。

それでは、根本から老け顔を改善していくためには、いったいどうすればいいのでしょうか?


老け顔に見えるポイントは、肌のたるみと乾燥肌による小じわ。
それらを改善してくれる成分としてオススメしたいのが「プラセンタ」です。

効果の期待出来る美容成分として、ご存じの方も多いかも知れないプラセンタですが、老け顔改善にプラセンタがどのように作用するのか、詳しくご紹介して行きましょう。


「プラセンタの成長因子で、肌のターンオーバーを促進して老け顔からサヨナラ!」

美容だけではなく、成人病や健康面でも効果が期待できると話題の成分プラセンタ。
特に、アンチエイジングの分野では、保湿効果や活性酸素の減少効果など、様々な効果が期待できることから「魔法の成分」とも言われています。

実年齢よりも老けた印象に見えてしまう方に強くプラセンタをオススメしたい理由が、プラセンタに含まれている「成長因子」と呼ばれる成分。
乾燥肌や、肌のたるみの原因の多くに肌のターンオーバー(新陳代謝)が弱っていることがあげられます。
肌の細胞が正常な周期で生まれ変わることができない為に、本来あるはずの潤いが失われてしまい、ハリ・ツヤのない乾燥した肌になってしまうのですね。


プラセンタに含まれている成長因子と呼ばれる成分は、その名の通り細胞の成長を促してくれる成分。
成長因子が作用することで、肌のターンオーバーが正常な状態に近づき、年齢相応の若々しい肌をとり戻すことができるのです。

また、プラセンタには成長因子の他にも数えきれないほどの恩恵を肌に与えてくれます。
同じくターンオーバーに欠かせない「アミノ酸」や、保湿に必要不可欠なコラーゲンを生成してくれる成分。
これらの、肌本来の力をとり戻す力が、老け顔改善の為にプラセンタをオススメしたい理由なのです。


メイクは女子の強い味方です。
女性が美しく見えるのも、内面からくるもの。
ですから、自分に自信を付ける為のメイクは、決して悪いものではありません。

でも、やはり肌本来の美しさを取り戻した時の「自信」と言うものには敵わないもの。
プラセンタで、自分の本当の素肌の力を取り戻してみませんか?